私のミニカーコレクション

私のミニカーコレクションを、始まりから現在までご紹介いたします。

広島電鉄のトミカ

こんばんは。

アストロです。

今日2回目のご紹介も、本日発売のトミカです。広島電鉄650形です。

広島電鉄のホームページを拝見すると、電車の車両紹介があり、その中に650形の写真と説明がありました。下記、写真と説明文をホームページからコピーさせていただきました。

「被爆電車」として全国的に有名な広電生え抜きの車両です。当初5両が製造されましたが、現在は651号と652号の2両が、主に朝のラッシュ時に1・3・5号線で運行されています。2006年のダイヤ改正で引退した654号は広島市交通科学館で展示されています。路面電車は、被爆後、悲しみにくれる広島の街を走り、市民を大いに勇気づけた“ヒロシマ復興のシンボル”と言われています。

実は、私の母方の祖母が広島市内に住んでいました。祖母も母も既に他界して、今では広島へは殆ど行きませんが、幼少時広島へ里帰りした際に路面電車に乗るのが楽しみでした。

このタイプの古い電車は、乗車すると床に塗られたワックスの香りがしたのを覚えています。しかし、エアコンはバッチリきいていたし、スピードも早かったですね。

トミカについているシールには、当時から変わらない地名があり、懐かしい思い出が蘇ります。

広島には日本国内あちらこちらで活躍していた路面電車が集まっており、今でも最新の車両に混じって懐かしい車両が走っています。

今後も様々なバリエーションのトミカが出ることを期待します。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ランキングに参加しております。よろしければボタンプッシュをお願いいたします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。